下剤の副作用に注意しよう!

便秘の時に効果がある下剤にはある副作用がありますので、下剤を使ってダイエットをしようと考えている方は注意が必要ですよ。

基本的に便秘になるのは女性が多く、加齢とともに男女差がなくなると言われています。

刺激性下剤には、アントラキノン系やジフェニール誘導体系があり、薬剤耐性と依存性などに問題があると言われているため、必要な時のみ使用するのが原則なのです。

刺激性の下剤をダイエットなどで常用する事によって、服用する量が増えて結腸の自立蠕動能が低下して依存してしまい、精神的な異常をきたしたり、さらに服用量が増えるという悪循環になってしまう事が考えられるのです。

常用によって重篤な症状を引き起こすとも言われていますので、薬に頼る前に食事や運動で改善する事も考えると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です