低用量ピル、ホルモン剤の正しい飲み方とは

低用量ピルという薬は経口避妊薬として作られて、月経に関する症状や婦人科の疾患などの対策に使用する事ができます。

女性アスリートが服用する場合には、低用量ピルにドーピング禁止物質は含まれていないと言われていますが、最新の情報をきちんと確認しておくと良いでしょう。

低用量ピルには21日タイプと28日タイプなどがありますが、基本的には1日1錠を同じ時間に服用するのです。

21日タイプなら1週間休薬して、最後に飲み終えた2〜3日後に月経が来るという事ですから、上手に服用して月経をずらす事ができますよ。

飲み始めの時に、頭痛や吐き気などの副作用が出る場合もありますが、服用を継続すると症状は改善できるのだそうですが、服用を考えているなら産婦人科で相談してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です