個人輸入における関税

関税とは輸入品に対して行われる通関時に徴収される税金のことです。目的としては財政収入におけるざいせい関税と国内産業保護、育成を主目的とする保護関税です。

保護関税というのは関税が撤廃されたとしたら海外の方が安い商品が多いので、ほとんどの商品を仕入れてしまうことになってしまい、国内で生産されたものが売れなくなってしまいます。そうすることによって国の財産を守ることが目的となります。

個人輸入の関税につきましては商用で仕入れた商品に関して課税対象となります。個人用の場合には非課税となりますが明確な基準が有りませんので、関税のことも視野にいれて対処することが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です