一般用医薬品とは

薬は大きく分けて医療用医薬品と一般用医薬品の2つがあり、それぞれ別の特徴を有しています。

医療用医薬品は効き目が強い、そして入手する為には医師の処方箋が必要で、一般医薬品は効き目は控えめなもののドラッグストアなどで市販されていて簡単に入手できる事が特徴です。

一般用医薬品に関しては薬の強さによって、要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の4つに分けられます。
第二類、第三類医薬品に関しては登録販売者でも販売可能ですが、第一類医薬品と要指導医薬品は薬剤師のみが取扱いの指導をした上で販売する事が可能です。

また一般用医薬品は最近では「OTC医薬品」とも呼ばれる事があり、その中でもスイッチOTCに関しては安全性が十分に確認されたことで一般用医薬品となった医療用医薬品のことを指します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です