漢方と西洋薬との違い

漢方と西洋薬は違うと言われていますが、実は双方に大きな違いというものはありません。

では一体何が違うのかと言うと、まず漢方は西洋薬と違いコーティングがされていないということ、そしてオーダーメイドで処方されるというところが挙げられます。
西洋薬は「下痢ならこの薬」「熱を抑えるならこの薬」と決まっていますが、漢方薬にはそうした決まりは無く、どういった症状でも患者の体質に合わせた漢方が処方されるのです。

薬局には「腹痛」「解熱」というように症状に合わせて漢方が揃っていますが、その漢方がそれぞれの体質に合って効果を発揮するとは限りません。
また漢方専門薬局と謳っていても、相談者のクセや体質、状態を聞かずに症状だけ聞いて処方する所は、あまりちゃんとした所とは言えないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です