医薬品と社会の関係

薬の開発・製造は製薬会社が行なっていますが、他にも様々な社会が関係して薬が販売されています。

製薬会社が新薬の開発や販売を行なう際には、必ず国に承認の申請を行ないます。
承認を受けた国は、新薬の安全性の確認などを行なった後に販売を認め、その後にやっと製薬会社は病院や薬局に薬を販売することができるのです。
そして病院や薬局は患者への診察、薬の説明を行ない薬を処方することで初めて消費者の手に薬が行き届くというように、薬の開発・製造から薬害を防ぐ為の社会の仕組みが働いています。

国は薬の安全性・有効性を確認して製薬会社の承認を行なった後も、製薬会社の行動をチェックすることで、いつでも安全に薬が社会に回るよう作業をしているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です