薬との付き合い方

薬は正しい用法・用量を守って飲むことが大前提ですが、近年では様々な理由でお薬を残してしまう方が増えているそうです。

特に長期間の服用で慣れているからと、患者が自己判断で飲む回数を1回減らしてしまうというパターンが多く、こうして残った薬「残薬」はお金にすると年間約500億円分にも及ぶというデータが発表されました。

この残薬を減らす為に、薬局で残薬を回収する為の袋を設置し、この袋に入っている薬を薬局で仕分けするという取組みが行なわれています。

これはまず薬剤師達が期限が切れているものは廃棄、残っているものは病気ごとに分類してどのくらい残っているかを確認します。
そして処方箋を出した医師に薬剤師から、どの薬がどれだけ残っているという報告を入れることで残薬の無くなる服薬を促す取組みです。
残薬が無くなれば、結果的に患者の医療費の負担軽減にも繋がりますので、自分でも意識的に正しい服用をして残薬を減らすことが大切と考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です