妊婦さんが飲んではいけない薬がある?

生まれてくる赤ちゃんのために、妊婦さんが気をつけるべき事の一つに薬の服用がありますので、妊娠中に飲めない薬について調べておきましょう。

薬の中には、胎児への影響が少ないとされている物もありますが、危険な成分が含まれている薬を服用してしまうと成長が不完全な状態や奇形で生まれてくるリスクがありますので、自己判断で薬を服用しないように注意しましょう。

例えば、抗ガン剤や抗高脂血症薬、抗ウイルス薬や抗菌薬、睡眠薬や抗凝固薬、抗潰瘍薬やワクチン類などは妊娠中の服用は避けた方が良いと言われていますよ。

内服薬が必要になったとしても、産婦人科を受診して症状や体調を伝えて、適切な薬を処方してもらったり、自己判断ではなく医師に相談する事が大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です