点鼻薬は一時的に使おう

鼻水や鼻づまりを改善したい時に使用する点鼻薬ですが、一言に点鼻薬といっても様々な種類に分かれます。
一つ目は血管を収縮させて鼻の通りを良くする血管収縮剤点鼻薬、二つ目はアレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬点鼻薬、そして鼻の粘膜の炎症を抑えて症状を和らげるステロイド点鼻薬となります。

この中でも血管収縮剤点鼻薬は即効性が高いので、鼻づまりに悩んでいる方にとって嬉しい薬だと思いますが、これを長期連用するのは推奨されていません。
実はこの血管収縮剤点鼻薬は長期間使い続けてしまうと、逆に鼻の粘膜を硬くしてしまい鼻づまりを引き起こしてしまいます。
使えば使うほど効いている時間も短くなるので、すっきりとした快感を得る為に1日に何度も点鼻してしまうということも起こり得ます。
血管収縮剤点鼻薬の使い過ぎによるこうした症状は、点鼻薬性鼻炎と呼ばれる病気となります。

血管収縮剤点鼻薬の成分には「塩酸ナファゾリン」「塩酸トラマゾリン」となりますので、購入する時はこうした表記に気をつけて購入を考えたり、長期連用をしないように注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です