湿布薬にも副作用はあるのか?

体に痛みを感じたから、入浴して体を温めたり、体を動かして楽になったという経験のある方や、炎症や痛みを和らげるために湿布薬を使用しているという方も多いかもしれませんが、湿布薬にもあまり知られていない副作用がありますよ。

血液の流れを改善する事によって栄養や老廃物はしっかりと循環すると言われていますが、痛みを感じている部分は血行が悪くなっている事が考えられますから血行を改善液する事が大切なのだそうです。

湿布薬に含まれている消炎鎮痛剤という成分には血管を閉じる事によって炎症を抑えられるため、痛みを一時的に抑える事ができますが、血流を悪くしてしまうと言えるのです。

湿布薬を貼って楽になったと感じるかもしれませんが、根本的には解決していないという事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です