医薬品の副作用が報告されたら?

薬に含まれている有効成分が体内で作用する事によって、疾患を和らげたり治療効果を得る事ができますが、人の体はとても複雑な構造や機能があるため、薬の有効成分が本来なら作用しなくても良い部分に影響を与える事があるのです。

薬には、有効成分の他に副作用という作用が生じる可能性があるのですが、それは遺伝的に影響を受けやすい体質だったり、他の飲み物や食べ物との飲み合わせが悪かった場合に生じる場合があるので、薬の添付文書は読んでおきましょう。

ある製薬会社では、医薬品の承認後にも副作用の情報や好ましい作用のデータを収集したり評価しているとの事ですから、もし服用した薬で副作用が発生した場合には主治医にすぐ相談すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です