ADHDの治療薬ってどんな薬?

ADHDとは突発的な行動をしてしまう注意欠陥多動性障害のことですが、ADHDに有効的な薬がアンフェタミンという治療薬になります。

その治療薬を服用すると、脳内にドーパミンという物質を増やして精神を落ち着かせたり集中力をアップさせる効果があるので、アメリカやイギリスなどでは戦争の疲れを取り除くために使われていたこともあるそうです。

日本も戦時中は使用したと言われていて、戦後にはスポーツの世界でも使われていたそうですが、ある選手が競技中に亡くなって以来、一般的にアンフェタミンを使用することができなくなったのです。

ADHDの患者は脳内のドーパミンが少ないので、それを増やすためにアンフェタミンが処方されますが、依存性や副作用には注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です