鬱病の薬と副作用について理解しよう

鬱病になった時には治療のための薬を服用しますが、その抗鬱薬は飲み始めは効果が得られず、飲み続けることにより症状を改善できるという特徴があるのです。

しかし、副作用として吐き気などの症状が飲み始めの時期から表れることがあり、少しずつ体に慣らしていくので、なかなか効果が表れないからと言って焦る必要はありません。

鬱症状で否定的な考えになりがちですから、患者のご家族が本人に対して医師に相談するよう声がけをしたり、病院に付き添うと良いでしょう。

よく鬱病の薬として使われているSSRIやNaSSAやSNRIは、他の抗鬱薬に比べたら副作用は少ないと言われていますが、やはり飲み始めにはムカつきや吐き気などの副作用が表れるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です