漢方薬の歴史と基礎知識

今や多くの人が服用している漢方薬は、紀元前1300年の中国が起源だと言われていて、日本に渡ってからは日本人の体質に合うよう独自に発展したのです。

中国の医学書には漢方は未病を治すと書かれていて、養生を取り入れて健康状態を整えるという現代にも通ずる考え方があり、漢方だけでなく薬膳や鍼灸などにより健康を維持することが大切だとされています。

民間薬が1種類の植物が使われていますが、それに対して漢方薬は、生薬という自然の植物や鉱物と動物などを乾燥などにより加工した物を2種類以上を組み合わせて作られているのです。

現代では、生薬を煮出してエキス製剤を作り出すことにより、携帯にも保存にも便利な漢方薬が服用できるようになったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です