貼り薬を使用するタイミングとは

外用薬には貼り薬や湿布といった医薬品がありますが、どんな時に使用すれば良いのか知っていますか?

急性症状により他の部位と比べて明らかに赤く腫れて炎症している時には湿布と貼り薬を使用するのがオススメですが、もし腫れていないのに冷やしてしまうと症状が悪化しますので注意しましょう。

他にも、捻ったり、伸ばしたり、ぶつけたりといった原因が分かっている時にも湿布と貼り薬は使用できますよ。

寝違えやぎっくり腰などの症状、さらには慢性的な症状の場合には冷やすのではなく温めるのが効果的です。

貼り薬や湿布は患部を冷やすことと血管の収縮に効果がありますので、冷やしている部分の血液循環が悪くなるという作用を利用しており、炎症に対して使用することに適しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です