市販薬でシミソバカスを消す方法

紫外線や年齢などの要因により、シミやソバカスが増えてきて気になるという方も多いかもしれませんが、市販の薬を使ってお悩みを解消することができますのでご紹介いたします。

肝斑のシミやソバカスは、頬骨や目尻などの下にできるという特徴があり、モヤっと広がるような形状になりますが、肝斑は女性ホルモンの乱れにより発生している場合には、トラネキサム酸の内服薬で薄くすることができるのです。

紫外線が原因のシミやソバカスは、頬や額などに発生することが多く、年齢とともに濃くなってしまいますが、あらかじめ紫外線の対策を行ったり、ビタミンCやL-システインなどを摂取することによりメラニンを無色化させることができますよ。

シミやソバカスが発生した原因により対処方法が異なりますので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です