薬の飲み忘れに関して

ついうっかり薬を飲み忘れてしまったら、何も考えずすぐに飲み忘れた分を飲んでしまうのではなく、次の薬の服用のことまで考えて対処しましょう。

基本的には飲み忘れに気付いた時点で服用するようにと言われていますが、次の服用時間が迫ってしまっている場合には、飲み忘れた分は飲まずに次の分から飲むようにします。
例えば本来朝・夜の2度飲む薬で朝の分を忘れてしまった場合、昼までに気付いたならすぐに飲んでしまっても良いでしょう。

またすぐに服用した場合にも次の服用時間を遅らせるようにし、更にその次の服用時間から通常通りに戻すようにしてください。

最もやってはいけないことは、忘れたからといって2回分を1度に服用してしまうことです。
もちろん薬の種類によって細かい対処法が変わってきますので、事前に医師や薬剤師に忘れたときの対処を聞いておくのが一番安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です