薬の服用時に一緒に飲んではいけない飲み物とは

多くの内服薬は、水やぬるま湯で服用してくださいという説明が記載されていますが、うっかり別の飲み物で飲んでしまうという人も多いのではないでしょうか。

薬には相互作用があるため、ある特定の飲み物で服用してしまうと薬の効果が充分に発揮されなかったり、思わぬ害に悩まされることも考えられますよ。

例えば、アルコールで薬を飲んでしまうと、肝臓で薬が代謝されずに薬の効果が通常よりも強く出てしまうため、効果の強い薬を服用する時にはとても危険なのです。

グレープフルーツジュースと一緒に薬を飲むと、ある特定の薬が代謝されなくなってしまうため、薬の効果が非常に強く効いてしまい、血圧が下がるなどの危険な状態になってしまうのです。

一見大丈夫そうな牛乳は、薬を溶かしてしまう成分が含まれているため、吐き気や胃痛などの副作用が報告されているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です