薬の怖い副作用とは

ドラッグストアでも市販されている医薬品は、手軽に症状を和らげることができますが、怖い副作用がある薬もありますので服用する際には注意が必要なのです。

ロキソニンは、常備薬として人気の医薬品の一つであり、年間500億円も売り上げていると言われていて、頭痛や生理痛などの痛みに即効性の高い効果を発揮する薬として認知度の高いのです。

頭痛や高熱など辛い症状をすぐに和らげてくれるため、服用している人も多いのですが、一方で胃痛や眠気、肝障害などの副作用も報告されているのです。

そして近年では、新たな副作用として胃潰瘍が発生したり、さらに小腸と大腸の閉鎖や狭窄が追加されましたので、それを理解した上で本当に辛い症状に悩んでいる時に服用するのがオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です