胃もたれの薬にも種類がある?選び方を知っておこう

飲み会など食べ過ぎにより胃がもたれたことのある方も多いかもしれませんが、胃薬にも種類がありますので、それを理解した上で服用するようにしましょう。

健胃薬とは、主に食欲が湧かない時などに服用する薬であり、胃液の分泌や胃の働きを促す効果がありますよ。

消化薬はその名の通り、消化を促進する薬ですし、制酸薬は胃酸が出すぎた場合に、胃酸を中和したり胃への刺激を和らげる効果があります。

胃粘膜保護薬は、胃酸が出過ぎたことで胃を傷つけないために、粘膜を修復する効果がありますよ。

H2ブロッカーは胃酸の分泌を過剰にしないよう働きかける薬であり、総合胃腸薬は複数の成分により胃腸の働きを総合的に助ける効果があるのです。

間違った薬を選んでしまうと逆効果になり、さらに症状が悪化することも考えられますので薬剤師に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です