スティーブンズジョンソン症候群という副作用

病気を直してくれる薬には、どの薬にも副作用がありますが、とても重篤な副作用を起こしてしまう危険がある副作用があるのです。
一般薬の副作用の中で、1番重大な副作用があり、スティーブンズジョンソン症候群を発症することがあるそうで、そちらの症状は、失明したり、命の危機がある副作用だそうです。

スティーブンズジョンソン症候群の初期症状は、微熱や倦怠感等、風邪に似た症状で分かりにくいのですが、その後に身体や口内に発疹が出てしまい、目の充血やかゆみ、違和感等が出てしまい、時間が経たないうちに発疹は壊死し、呼吸困難等を起こしてしまうという最悪なことになるのです。

こちらの治療する時は、皮膚科や眼科に行くといいようで、もしちょっとでも発疹が出てしまった場合は、皮膚科に行ったほうがいいそうですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です