薬の正しい服用方法

薬は、症状悪化した時、回復させたいという目的で服用しますが、その時、どのように服用していますか?お茶ですか、水かぬるま湯ですか、それともジュースやアルコールですか。飲み物によっても効果が違うことはご存知でしたか。

普段から、お茶や濃いお茶、珈琲、ジュース、牛乳等沢山の飲み物がありますが、薬と合わさった時の効能は、様々で、お茶ではそこまで危険もないのですが、濃い緑茶では吸収が悪くなったりするのです。ジュースでも、グレープフルーツジュースのように、影響を受けてしまう薬がありますので避けたほうがいいのです。

あとは、薬を水なしで飲める薬もあるようですが、それでも水で飲むことは必要で、薬が溶けて効果が表すためには水の適切な量が必要なのです。
薬を服用する際は注意書きをきちんと読み、用量・用法正しく服用してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です