医薬品副作用被害救済制度とは

薬を使うのなら知っておいて欲しい制度が「医薬品副作用被害救済制度」と呼ばれるものです。
正しく薬を服用していても強い副作用が起きてしまう可能性がありますが、「医薬品副作用被害救済制度」はこうした薬の副作用によって入院や治療が必要になるほどの健康被害がおきた時に利用できる制度となります。

給付は全7種類あり、それぞれ給付額等に一定の条件があります。
入院治療を必要とする場合の健康被害が起こった場合は医療費や医療手当が、日常生活に著しい制限がかかってしまう障害の場合には障害年金や障害時養育年金が、そして死亡してしまった場合には遺族年金や遺族一時金、そして葬祭料が給付されます。

またそれぞれの給付には違った請求期限が設けられていますので、詳しい話は相談窓口か医師に聞いてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です