大衆薬と医療用医薬品との違い

薬にも種類がありますが、薬を大きく分けると大衆薬(一般用医薬品)と医療用医薬品の2つにわかれるそうですよ。
この2つの違いは、単純で買えるか買えないかだそうですよ。その他にも違いがあり、特徴があるようですので紹介していきます。

大衆薬こと一般用医薬品は、薬局薬店で誰でも買える薬で、医師の処方箋がなくても服用でき、比較的安全な薬で、安全なため作用は弱いそうですよ。しかし、過敏症の人や衰弱の著しい人では、必ず安全とは限らないですので薬局で相談すべきだそうです。

医療用医薬品は、医師の処方箋がないと買えない薬で、医師の判断に基づいて、薬の選択、用量・服用方法等が選ばれていますので、一般用医薬品に比べて効き目も副作用も強いそうです。そのため、医師の指示を守り、きちんと服用することが大切なのです。

一般用医薬品でも、医療用医薬品でも、薬を服用する際は、必ず処方する医師の指示に従いましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です