おくすり体質検査

薬を飲むことは多いと思いますが、薬の効き方には個人差があるそうですよ。
薬が効き方もひとりひとり異なり、薬が効きすぎて副作用が起きてしまうということもあるのです。そんな困ったことがないようにするのがおくすり体質検査だそうですよ。

おくすり体質検査とは、薬が効きすぎてしまう体質かどうかを調べる遺伝子検査です。薬では吸収してから分布し、代謝し、最後には排泄するそうですよ。
そして、肝臓で薬を代謝する酵素の働き方には個人差があるのです。

検査方法は4種類の酵素に関連している遺伝子を検査するそうで、採取用綿棒で内頬の粘膜を擦るだけだそうです。検査結果は1時間で出ますので、結果を見て、薬との付き合い方を考え、上手に付き合っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です