医師が風邪薬を飲まない理由

風邪を引いたりした時、病院に行けば薬を処方されたりしますよね。
日本の人は薬を飲むのですが、医師の人は薬を飲まないのです。
それは何故でしょうか、解明していきますね。

風邪はウイルス性感染なので、効果がある薬がないのです。風邪の症状が現れたら、抗生物質を飲むことが多いですが、ウイルスには全く効かないのです。そのことを医師は熟知しているので、風邪引いても病院には行かないのです。また、風邪薬を飲むことで、副作用を起こし、命を落としかねないこともあるのでとても危険なのです。

市販の風邪薬は、風邪の症状を緩和するだけであって、治す薬ではないのが常識なのです。ですので、風邪を引いた時は安易にお薬を飲まないほうが良いのでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です